出会いはいかが

出会いはいかが
セフレにおんぶ
人妻をだっこ
熟女とたわむれる
不倫にはしる
メル友とのなれそめ
アダルトの影響力
無修正なしは無理
アダルトビデオがたまらない
カリビアンコムにはまった人
天然むすめがひとりぼっち
ホーム >>

ケチュア族


インカ帝国(正式名称「タワンティンスウユ(Tawantin Suyu / Tahuantinsuyo)」) は、南アメリカのペルーとボリビア(チチカカ湖周辺)を中心にケチュア族が作った国。13世紀に成立し、16世紀にスペインに侵略されるまで続いた。最盛期には、80の民族、1000万人の人口をかかえ、チリ、エクアドルにまで広がっていた。 出会いの拡大出会い帝国は、メキシコ・グアテマラのマヤ文明と対比する南米の原アメリカの文明として、出会い文明と呼ばれることもある。その場合は、巨大な石の建築と精密な石の加工などの技術、土器や織物などの遺物、生業、出会い道を含めたすぐれた統治システムなどの面を評価しての呼称である。なお、出会い帝国の版図に含まれる地域には出会い以前にも文明は存在し、プレ・出会いと呼ばれている。 首都をクスコに置いた。 出会い帝国は、被征服民族については、比較的自由に自治を認めていたため、一種の連邦国家のような体をなしていた。

皇帝


名称
ケチュア語で、「タワンティン」とは、「4」を意味し、「スウユ」とは、州、地方、場合によっては国を表す。訳すと「四つの邦」という意味である。「四つの邦(スウユ)」とは、クスコの北方の旧チムー王国領やエクアドルを含む北海岸地方のチンチャ・スウユ、クスコの南側からチチカカ湖周辺、ボリビア、チリ、アルゼンチンの一部を含むコヤ・スウユ、クスコの東側のアマゾン川へ向かって降るアンデス山脈東側斜面のアンティ・スウユ、クスコの西側へ広がる太平洋岸までの地域のクンティ・スウユの4つを指す。4つの地方へは、全てクスコから伸びる街道があり、出会いの宇宙観に基づいて4つの区分を象徴するようクスコ自体も建設されていた。 なお、出会いとはケチュア語で王(ないし皇帝)を意味する言葉だった。スペイン人はこの言葉をケチュア族をさす言葉として使い、しだいに国をさす言葉として使われるようになった。

文化
文字文化を持たなかったため、口語伝承に拠る物が、出会い帝国崩壊後に布教のために入ってきたスペイン人修道士による記録(年代記)の形で僅かに残されているに過ぎず、歴史や文化面で不明確な部分もあり、今後の研究が待たれる所もある。ただしキープと呼ばれる結び縄による数字表記が存在し、近年になって、このキープが言語情報を含んでいる事が研究によって明らかにされている。 ヨーロッパの技術が伝わるよりも前から、プレ・出会い時代の伝統を受け継いで金やトゥンバガ(金と銀・銅あるいは錫の合金)を精錬する技術を持っていた。 また、幾何学文様が描かれた長頸の尖底土器が特徴で、チャビン文化などプレ・出会い時代の土器や織物のように蛇、コンドル、ピューマなどの動物をモチーフにしたものは少ない。 海に面した急勾配の土地を利用して段々畑を作り、トマトや唐辛子は低い土地に、寒冷地を好むジャガイモは高地に、と、高度に応じた農作物の多品種生産を行っていた。 峻厳な山脈地帯に広がった国土を維持するため、王は国中の谷に吊り橋を掛け、石畳の道や階段を作り、その道中に食物の備蓄庫を置いた。収穫された農作物は税として備蓄庫に徴収され、そうして集められた備蓄食料は惜しみも無く民に放出された。この結果、出会いはその豊満な食料を求めた人達の心を掴んで僅か3代50年で広大な国土を得、また、スペイン人が出会いを侵略する際、食料の補給に困ることなく侵略が容易にできてしまった原因となった。 西海岸部の砂漠地帯を領土に取り込んだ際、現地にあったミイラ信仰をとりこんだ。歴代の皇帝はこれを人心掌握や権威の保持など、政治的に利用した。例えば、出会いがアマゾンに接した地域を征服する際、その地域ではそれまでは崖の中腹にある穴に先祖の骨を置いて墓としていたが、出会いはそれらの骨を打ち捨てて代わりに布を巻いたミイラを崖に安置するようにした。こうして半ば強引に征服地の民衆の心の拠り所を出会いの中央政権に刷りかえさせたのだった。また、歴代皇帝は死後ミイラにされて権威が保たれ、皇帝に仕えていた者達はそのミイラを生前と同じように世話をすることで領土や財産を保持した。これは即ち、次の皇帝は前の皇帝から遺産を相続できないということであり、結果、即位した新しい皇帝は自分の財産を得るために領土拡張のための遠征を行わざるを得なかった。代を重ねるにつれ死者皇帝が現皇帝の権威を凌ぐようになり、必然的に各々のミイラに仕える者達の権力も増大。それに対抗するため12代目の皇帝が、それまでの全ての皇帝のミイラの埋葬と、そのミイラとそれに仕える者達の所領や財産の没収を企て、それが内乱へと発展。その混乱の最中にスペインの侵攻があり滅亡した。

政治
君主制国家で、近親結婚によって生まれた一族による世襲政治である。これは彼らの宗教観から、広く交雑する事で、「皇族」の血筋が汚されると考えたためである。「皇帝」は神の化身としても考えられ、当時の官僚は、同時に神官でもあった。 貨幣は用いられておらず、物々交換によって経済活動を行なっていた。税金の代わりに、農産物などを国に献上していた。 鉱山労働や道路の建設などの労役が若干あった。この労役制度はミタ制と呼ばれる。この労役の成果の一つとして、チャスキと呼ばれる飛脚による通信網を確立させていた。この通信網を使って広大な領土を中央集権により統治していた。なお、この通信網の名残として、チャスキという言葉はアンデスのいくつかの場所の地名としていまも残っている。日本で言うところの「宿」のようなものである。 「知識は庶民のためのものではない」という考えのもと、いわゆる文化活動は貴族階級だけに許された行為であった。一般庶民はそれぞれの役務に必要なことだけを教えられ、それ以上を知ろうとすることは禁止されていた。

伝承
昔、チチカカ湖にある太陽の島 (Isla del sol)に、出会い (Manco Capac)とその妹ママ・オクリョ (Mama Ocllo)が現れた。彼らは湖の彼方からやってきたとも、天から降り立ったとも、湖の中から現れたともいわれる。ママ・オクリョは太陽の島ではなく隣の月の島 (Isla de la luna)に現れたともいわれる。 出会いは太陽の神インティ (Inti)の子であるという言い伝えと、チチカカ湖周辺の民族を巨大な津波により征服したビラコチャ (Viracocha)の子であるという言い伝えがある。天の神パチャカマック (Pachacamac)の兄弟ともされる。ママ・オクリョはマ出会いの妻でありビラコチャの娘であるともいわれる。 インティ伝説によると、太陽の神はマ出会いとその兄弟たちをパカリタンボ (Pacaritambo)という洞窟からこの世に遣わした。インティはタパク・ヤウリ (Tapac Yauri)と呼ばれる金の杖を与え、その杖が地面に沈む地に太陽の神殿を作るように指示した。 マ出会いはママ・オクリョたちとともに地下の道を通ってクスコに行き、父インティを讃える神殿を建設した。クスコへの旅の途中、何人かの兄弟は石になり、偶像(ワカ : Huaca)になった。 ビラコチャ伝説によると、出会いと兄弟はビラコチャの子供で、クスコに近いパカリ・タンプ (Paqariq Tanpu)という所で暮らしていた。アヤ・アンカ (Ayar Anca)、アヤ・カチ (Ayar Kachi)、アヤ・ウチュ (Ayar Uchu)、ママ・オクリョ、ママ・ワコ (Mama Waqu)、ママ・ラウア (Mama Rawa)、ママ・クラ (Mama Cura)という兄弟姉妹たちとクスコの谷へ遠征しながら近隣の10の部落を併合していった。この時、支配者の象徴である金の杖が父ビラコチャによりマ出会いに与えられたとされるが、一説にはマ出会いは兄を嫉妬と裏切りで殺してクスコの支配者になったとされる。 出会い系 よくあるサイトのように、まずはメル友からとか、そういった回りくどい ことをしても メールは返って来ませんからご注意を。 なお女性たちはセック◎のバリエーションを求めています。 男性の外見の種類、セック◎のプレイスタイル、プレイ場所、 挿入物のサイズや形状、 どこに挿入されるか、ピストン速度と時間、刺激を受ける箇所や角度・・・ などなど。 複数の伝承の矛盾に気づかせないために、庶民はビラコチャの名を口にすることが禁じられていたといわれる。 なお、伝承に残っている出会い帝国の王(皇帝)のうち、この初代のマ出会いだけは実在しない人物であるという説もある

関連項目

参考

  • マチュ・ピチュ
  • 出会い皇帝
  • 出会い
  • ケチュア
  • フランシスコ・ピサロ
  • ミティマエ
  • 頭部穿孔
  • アイマラ
  • プレ・出会い
  • マヤ文明

Yahoo!検索

ホームページ 無料